MENU

【小田垣商店】丹波黒大豆 飛切

昔も今も大玉丹波黒大豆

【小田垣商店】丹波黒大豆 飛切(300g 1,598円税込)


カテゴリー:一般食品
生産地・製造地:兵庫県丹波市
販売期間:12月

販売店舗くずはモール店1階グロサリー売場

【小田垣商店】丹波黒大豆 飛切の生産地

山に囲まれた篠山盆地の自然豊かな丹波篠山。

美しい自然に囲まれた丹波篠山は、年間を通して数多くの優秀な食材にも恵まれています。

黒大豆や大納言小豆のほかにも、米、栗、山の芋など豊かな土地で育まれた伝統的な特産品があります。野菜のほかにも、ぶどうやブルーベリーといった果物、ぼたん鍋として食される猪や鹿肉を使ったジビエ料理など、山々に囲まれた自然豊かな丹波篠山らしい食材に恵まれています。

盆地特有の気候とかつて沼地であったゆえの肥沃な土。
栄養を蓄えた粘土質の土壌と、大きな寒暖差、山より恵まれた清らかな水が合わさり、古くより山の幸を中心とした伝統ある特産品を生み出す、豊かで魅力ある地域、丹波篠山です。

【小田垣商店】丹波黒大豆 飛切の味わい

丹波黒大豆 飛切は、定番の黒豆煮豆、黒豆ごはんなど、いろいろとお使いいただけます。

丹波黒は兵庫県丹波地方発祥の黒大豆の品種名です。その秘密は長い生育期間にあり、一般的な黒大豆の開花から成熟するまでの日数が約70日であるのに対し、丹波黒は約100日と長く、30日近くも多く養分を蓄積しながら成熟し、粒が大きく成長します。

丹波篠山では古くから黒大豆の栽培が行われていましたが、その量は僅かで、地元の農家にも黒大豆の存在はほとんど知られていませんでした。明治元年(1868年)に鋳物商から種苗店に転業した小田垣商店は、大粒の黒大豆の美味しさを多くの方に伝えたいという思いで、丹波篠山の農家に種子を配り栽培方法を伝授しました。

そして収穫された黒大豆を仕入れ、手撰りで良品に仕上げ販売を開始。当時、稲作よりも収入が少ない状況の中、最低保証価格の設定と全量買取契約を結ぶことで、徐々に作付面積を増やしていきました。その後、昭和45年の国による減反政策も功を奏し生産量を大きく増やした丹波黒は、全国にその名を広く知られるようになりました。

小田垣商店の歴史は丹波黒大豆とともにあり、「黒豆の老舗」として誇れる黒豆を提供できるよう、良質の素材を選び抜き、心を込めて一粒一粒伝統の手撰りで最高級の黒豆に仕上げています。

粒は大きく形は丸く、食感はふっくら、もっちり口当たりの良さが特徴で、一際甘く風味豊かなとてもおいしい黒大豆です。

食品担当者より【小田垣商店】丹波黒大豆 飛切のおすすめポイント

黒豆と言えばお正月のお節料理に欠かせない食材です。

小田垣商店伝統の手撰り選別された良質な大玉丹波黒大豆。まさに最高級と言える、飛び切り良質な黒豆です。

小田垣商店伝統の手撰り選別の様子
URLをコピーする
URLをコピーしました!