MENU

【とようけ屋山本】ソフト豆腐

明治30年から続く京都老舗の味

【とようけ屋山本】ソフト豆腐450g/184円税込)


カテゴリー:水物 
生産地・製造地:京都

【とようけ屋山本】ソフト豆腐の生産地は京都

明治30年、京都の北野天満宮門前町北野・下の森(しものもり)で初代山本粂造さんが「山本豆腐店」を開業しました。それが「とようけ屋山本」の始まりです。開業からまもなく東隣にチンチン電車の車庫が完成したそう(現在の京都文化会館のあたり)。以降二代目、三代目と受け継がれ、現在は四代目に渡り、今でも変わらずおいしい豆腐を作り続けています。今日も京都から本物の美味しさを届けています。

【とようけ屋山本】ソフト豆腐の味わい

とようけ屋山本は「京豆腐一筋」の看板を掲げ、地元をはじめ全国にたくさんのファンを持つ銘店です。

豆の味をしっかりと味わえる京豆腐。甘味料・着色料・エキス・人工アミノ酸は一切不使用です。「水の味」を大事にするとようけ屋の敷地内には、地下60メートルに達する井戸もあり、「豆」と「水」へのこだわりが豆腐作りに活かされています。

ソフト豆腐の味の特徴は、豆そのものの甘みが感じられること。

食品担当者より【とようけ屋山本】ソフト豆腐のおすすめの食べ方

ソフト豆腐は、湯豆腐・冷奴・お鍋・煮込みなど幅広くお使いいただけますが、水切りする絞り豆腐には向きません。

オススメの食べ方は、豆腐の味をそのまま味わえる湯豆腐です。ぜひ日本酒と一緒に湯豆腐で食べてみていただきたいです。まろやかな食感をじっくり味わってみてください。

URLをコピーする
URLをコピーしました!