MENU

【岡虎】ちくわ

百年以上守り続ける伝統の味

【岡虎】ちくわ50g×3本 206円税込)


カテゴリー:練製品
製造地:山口県

【岡虎】ちくわの生産地

明治10年から地元の山口県でずっとコツコツと商売を続けた創業者・虎吉さん。蒲鉾や竹輪の製造の他、網元として、仲買や鮮魚運搬船を運用していました。

当時、山口県の岡村町に拠点を構えたことから「岡虎」と呼ばれ、最大で四隻の船を所有するまでに商売を発展させました。

「岡虎」のこだわりは、大きく分けて「材料と鮮度」・「伝統の製法」・「安全性」の3つ。140年かけて積み重ねた技術と製法は、今も職人の手により大切に引き継がれています。

【岡虎】ちくわの味わい

防府・三田尻港は創業当初から魚を水揚げされている土地。それによって原料となる魚の配送距離が短く、温度管理がしやすく、より早くすり身にできるという好条件が揃っています。

そして石臼で練っているのですり身がしっかりと擦れ、口あたりが良く魚の旨味が感じられます。

このようにして作られたリン酸塩無添加の「無リンすり身」と長崎県崎戸島の海水を結晶化させた海水塩を使用して成形。

化学調味料・合成着色料・保存料・遺伝子組換原料は一切使用していないのが、この岡虎ちくわのすごいところ。

焼きの工程では徹底した温度湿度の管理のもと、じっくりと丁寧に焼き上げられます。こうすることで魚の旨味を閉じ込め、弾力のある食感になります。

食品担当者より【岡虎】ちくわのおすすめポイント

焼きの工程のちくわ

岡虎のちくわは生食でも煮込みとしても使え、さっぱりとした旨味と甘味が感じられます。

無添加なので子供たちにも安心して食べさせられるのがおすすめポイントです。

URLをコピーする
URLをコピーしました!