MENU

おうちで簡単にできる!ローストビーフの作り方【おすすめレシピ】

STEP
ブロック肉を30分〜1時間前に冷蔵庫から常温に出しておきます

肉が冷たすぎると中心まで加熱しにくいため常温に戻します。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: keihan-110-1024x684.jpg
左がとかち一徹牛500g、右が宮崎ハーブPremium500g!
STEP
ブロック肉の全ての面に塩、黒胡椒をしっかり擦り込む

ガーリックパウダーもあれば一緒に擦り込みます。

STEP
熱々にしたフライパンで全ての面を強火で焼く

焼き色がしっかりつくぐらい焼きます!

STEP
粗熱を取るために10分ほど置いておきます
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: keihan-136-1024x684.jpg
STEP
このあとじっくりと中に火を通していきますが、
湯煎で加熱する場合と、オーブンで作る場合の2パターンでご紹介します

湯煎で作る場合

ジップロックのような袋にニンニクペースト、オリーブオイルを少量入れてよく揉んでおく。

粗熱の取れた肉を入れて、空気を抜く。(真空状態にする)

大きめの鍋にたっぷりのお湯を沸かして、70℃にしておく。

肉をお湯の中に入れて、60〜65℃を50分キープする。

お湯から出して、常温で30分ほど置いておく。(粗熱を取りながら肉汁を落ち着かせます)

※お湯につけておく時間は、100gで10分のイメージです。
今回は500gだったので、お湯につけた場合は50分。

ちなみに200g×2袋の場合は20分です。
合計400gだから40分という計算ではありません。
肉1個あたりの大きさに対して時間を決めます。

袋で真空状態にした時に、袋の中に水が入ってきそうで心配なときは袋の上からアルミホイルで2重に包むとよいです。

オーブンで作る場合

袋の代わりにアルミホイルで2重にまきます。
160℃で50分。

※加熱する時間は、100gで10分のイメージです。
今回は500gだったので、お湯につけた場合は50分。

ポイントとしては、家庭用のオーブンは場所によって焼きムラ(温度のムラ)があるので、時間が半分ぐらい経過したときに前後を入れ替えした方が均等に加熱できます。

STEP
加熱が完了したらお好みの厚さにカットします

完成!美味しく召し上がってくださいね!

他にも美味しいレシピあります!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる