MENU

とかち一徹牛

牛肉本来の旨みをたっぷり味わえる理想の赤身肉

「とかち一徹牛(いってつぎゅう)」の特長

北海道十勝、1軒の農家が丹精込めて、ただ一徹に。赤身肉、ここに極まれり。

澄んだ空気と清らかな大雪山系の伏流水ー。稀な自然と食の宝庫として名高い北海道十勝で、新しいブランド牛が誕生しました。その名も「とかち一徹牛」。

十勝で長く畜産業を営む「日勝ファーム」だけで生産されているホルスタイン種で、”赤身肉の理想”と呼ぶにふさわしい味わいです。ホルスタインと聞くと、乳用と思われる方も多いかもしれませんが、実は肉牛としても私たちの食卓に欠かせない存在。昨今、霜降り絶対時代が落ち着き、お客様の健康志向も相まって人気が高まっている赤身のお肉、その代表格がホルスタイン種です。「とかち一徹牛」は、生産・飼育、餌、加工すべてにこだわりぬいた逸品なのです。

ヌレ子(生まれたばかりの子牛)から、しっかりと運動をさせて育てた牛に与えるのは、ハーブを配合した飼料。獣肉特有の臭みの少ない、やわらかくも食べごたえのある肉質の源です。加工も北海道HACCP(ハサップ)の認定を受けた安心・安全の環境で、品質を管理。おいしいままに直送しています。

うまい肉のために徹頭徹尾、徹底的に徹する、「一徹」の名は、上質の証です。

日勝ファームから見える日高山脈
日勝ファームの清潔で広々とした牛舎

「とかち一徹牛」
ポイント1

子牛からの一貫生産でのびのび育てるからうまい!

ヌレ子と呼ばれる生まれたての子牛から育てることで、移動などでかかる牛のストレスを軽減。広々とした牛舎でのびのび育てています。

「とかち一徹牛」
ポイント2

ハーブ専用飼料で香りまでうまい!

牛肉独特の獣の臭いを抑えるために4種類のハーブをブレンドした飼料を与え、さらに上質な味わいを実現。

「とかち一徹牛」
ポイント3

加工場は北海道HACCP認定!安心・安全を徹底管理。

十勝にある専用の加工場は、食品の衛生管理手法、北海道HACCPの認定を受けています。

京阪百貨店のうまい肉